家畜糞尿処理、家畜排泄物処理装置の設計、施工、家畜糞尿処理、家畜排泄物処理のコンサルティング、
循環式鶏糞処理システム、微生物資材、土壌改良資材、特殊肥料の製造、販売、農業塾、土作り、いちご閉鎖型高設栽培システム




コラム一覧

鶏から人への大きな便り
(第十三回)
  
『鶏フン堆肥で畑が変わった』  
2007.11.13
岩手山の麓で小規模な農業をやっている。「父つぁん、俺の作った堆肥を使ってみねぇか」と今から三年ほど前に軽トラックに積んで持っていった・・・
鶏から人への大きな便り
(第十二回)
  
『次の工程のために今やる作業』  
2007.11.13
鶏糞の処理作業は、次の工程のために今やる作業である。だから、どの作業も大切な作業なのだということを忘れないで欲しい。
鶏から人への大きな便り
(第十一回)
  
『高速発酵させる条件作り』
2007.11.13
発酵槽または密閉装置に投入してしまうと補正できない、または補正しにくいという条件下におかれるため、攪拌発酵装置、密閉式発酵装置の特徴を・・・
鶏から人への大きな便り
(第十回)
  
『菌の立ち上がり時間が勝負』  
2007.11.01
「初期発酵工程」は前処理したものをヤードに運び、堆積させて菌を立ち上げるものです。
この作業のポイントは・・・
鶏から人への大きな便り
(第九回)
  
『鶏フン処理  
手探りではトラブルのもと』
2007.10.31
今回からは、鶏フン処理の各工程について、そこで基本となる数字をあわせながら書いていきたいと思います。もちろん生フンの状態、施設や設備、自然環境条件や求められる堆肥などは・・・
鶏から人への大きな便り
(第八回)
  
『数字が少ない鶏フン処理』 
2007.10.31
養鶏家の皆さんは、卵づくりあるいは肉づくりに関しては、素晴らしくたくさんの数字をお持ちです。しかし、鶏フン処理・堆肥づくりに関してはほとんど数字を持たれていないようです。
鶏から人への大きな便り
(第七回)
  
『環境問題の解決は、良質堆肥づくり!』 
2007.09.19
養鶏場のが持つ悩みの一つに環境問題があります。特に何の問題も起こさずに鶏フンを処理し、処分できればよいと考えている経営者の方が大半ではないでしょうか。実は、そこに環境問題を引き起こす…
鶏から人への大きな便り
(第六回)
  
『これでいいのか、鶏糞処理方法!!』 
2007.09.19
養鶏場からの依頼や相談は、秋から冬にかけての時期が非常に多い。これは冬季間、気温が下がることによって発酵が悪くなるからです。今回は、このような現象で困っている農場さんの参考になれば・・・
鶏から人への大きな便り
(第五回)
  
『一握りの生フンが世の中を変える』 
2007.09.06
「生フンは赤ちゃんのようなものだ」と以前話しました。生フンは発酵・分解のやり方次第で「畜産廃棄物」にもなれば「宝」にもなる。
その宝とはどんな物で、どのようにすれば・・・
鶏から人への大きな便り
(第四回)
  
『三つの方向性』 
2007.09.06
私は鶏フン処理を三つの方向で考えています。
@悪臭は消すAモノを減らすB濃縮された特殊肥料に変える。今回はこの『三つの方向で考える』こと・・・
鶏から人への大きな便り
(第三回) 
『フンは生きている』
 
2007.08.23
フンを「臭いものだ」、「汚いもんだ」と思っている間は処理物堆肥を作っているといっても過言ではない!!
毎日、大量に生フンが出てくる・・・
鶏から人への大きな便り
(第二回) 
『微生物が主役のドラマ』
 
2007.08.07
鶏フン処理に発酵施設を利用している農場は多い。しかし、その発酵施設で発生する臭気に悩む農場も少なくありません。発酵施設から臭気がするということは・・・
鶏から人への大きな便り
(第一回)
『何でこんなにすくないの?』
 
2007.07.30
縁あってインドネシアでの農業指導の依頼をいただき、約2年間現地に行ってきました。そこで経験した「土づくり」「堆肥づくり」の話しを・・・
『土は草から生まれた』 
2007.02.16
コンクリートやアスファルトで覆われた地面の割れ目から小さな草が顔をのぞかせている姿を見かけたことがあるでしょうか。草が硬いアスファルトの・・・
『三大栄養素だけでは
  植物は育たない』
 
2006.12.28
野山で見られる草花や樹木は、人の手によって肥料を与えられていないにも関わらず、元気に生い茂っています。このことは何を意味しているのでしょうか。
『化学肥料と有機物』 
2006.12.18
肥料といっても様々な種類があります。
化学的に作物に必要な栄養素を作り出した「化成
肥料」。牛糞、豚糞、鶏糞、油粕・・・
『作物と土壌』 
2006.12.11
作物にとって、土づくりがどうして大切なんだろう?
土づくりをしっかり行った微生物が豊富な土壌では、槌に張る植物の根から無数の毛細根が発達し、よりいっそう微生物の餌と棲みかが増し、作物が・・・
〜だめかと思った土が〜
2006.8.21
『連作障害』それほど珍しい言葉ではありません。人間で言えば『風邪』のようなもので、油断をするとすぐにかかってしまいます。
『日本の農業が変わるとき』
 〜養鶏場経営者の
           皆様へ〜
2006.7.18
ここに一粒の種があります。これを畑の土に蒔くと種水分を吸い、やがて土から芽を出します。そして成長し花が開いて、実をつける。この作物の1年は、我々人間にとっての一生なのです。
『土は生きている』
2006.6.22
土なくして農業は成り立たない。しかし、我々は本当に土の持つ特性を理解しつくしているだろうか?そんな疑問を原点に立ち返り、今一度真剣に『土』について考え直してみようと思います。
『健土・健食・健民』 2006.6.22 『健土・健食・健民』、「健康な土で、健康な食べ物を作り、皆さんが健康になる」ということです。
日本の土で日本人のために作る日本の食べ物こそ『健土・健食・健民』の真の姿であると思います。・・・




このページのトップへ


 
Copyright 2006,東日本機電開発株式会社. All Rights Reserved